プロミス ネット申し込み

すぐお金が欲しいならプロミスのネット申し込みで手続きを始める

無利息期間を使って借りればプロミスの返済負担も軽い

プロミスは初回契約時の金利が上限の17.8%となる場合が多いため、どうしても返済時の利息負担が大きくなりがちです。返済が長期に渡ってしまうと特に負担が大きくなってしまうことから、なるべくならプロミスでの借り入れは少額の短期間に抑えておきたいものです。

 

少しの金額を借りるなら金利が多少は高くなっても、返済時の利息金額自体もそこまで大きくはなりません。利息が大きくなければ返済の負担自体も重くはならないので、プロミスの上限金利である17.8%だとしても余裕のある返済が可能となります。

 

さらにプロミスには初回契約時に30日間の無利息期間がついてくるため、利息負担が減らせるようにもなっています。メールアドレスの登録と契約後の明細をWeb上で確認ができる無料サービスに登録をすると、初めての借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

 

無利息となれば低金利の銀行カードローンよりも返済時の負担は軽くなり、30日間も無利息となると金利に換算をした際には大きなパーセンテージともなります。返済負担を軽くして借りたいとなると銀行カードローンと短縮的に考えてしまいがちですが、プロミスのような無利息期間がある借り入れ先なら、金利が高いとしても実際の返済負担は軽くできるのです。
参考情報:http://www.saitan-cashing.com/hensai.html(プロミスの返済と利息に関するページ)

また、プロミスの無利息期間は他の借り入れ先で同様に行っているサービスよりも、適用がされるタイミングの面で優れています。アコムやアイフルでも行っている初回の30日間の無利息キャッシングは、プロミスは借り入れの翌日からの適用になるのに対し、アコムとアイフルでは契約の翌日からです。

 

契約をした日にすぐに借りるなら期間に違いはありませんが、契約をしてからしばらくして借りるとなると期間に違いが生じます。無駄なく無利息期間をフルに使って借りたいのであれば、プロミスが優れているのです。