プロミス ネット申し込み

すぐお金が欲しいならプロミスのネット申し込みで手続きを始める

今すぐにお金が欲しいならプロミスへ

どうしても今すぐにお金が欲しいとなってしまったら、もうそれはお金を借りるしかありません。お金はその辺に落ちているわけでもなく、しっかりと働いているとしてもお金は給料日にならないと入ってこないので、そこでの返済の目処を立てて借りるのが最も手っ取り早く確実な方法と言えます。

 

すぐにお金が必要ならプロミス

 

お金を借りることに抵抗を感じる方もいますが、今では消費者金融のカードローンサービスであっても安心ができるようになっています。特に大手の借り入れ先であれば女性の方でも利用者が多いため、金欠で困ったときには頼れます。

 

中でも大きな注目を集めているのがプロミスで、ネットでの来店不要申し込みで最短30分の審査回答、融資時間は最短で1時間と非常に素早くなっていることで、今すぐにお金が欲しいといった方の希望にもあわせられます。安定した収入があれば申し込みが可能となっているので、アルバイトやパートの方でも毎月の収入がしっかりとしていればプロミスでの借り入れは可能です。

 

手続きの進め方次第で平日だけでなく土日でもすぐに借りられるのがプロミスの強みであるため、お金がすぐに欲しいならまずはプロミスの公式サイトから申し込みを行い、早い借り入れのために契約を進めると良いでしょう。

 

プロミスの基本スペック

【実質年率】4.5%~17.8%
【限度額】1~500万円
【審査時間】最短30分回答
【融資時間】最短1時間融資
【利用できる方】定める年齢の範囲内の安定した収入がある方

プロミスでの借り入れを急ぎたい、一番早い方法で借りたいと考えるのであれば、契約機の利用としておくと良いです。まずはネットでプロミス公式サイトから申し込みを行い、審査完了後に近くのプロミス契約機まで行くと、その場でカードの発行が受けられるために借り入れまでが早いです。

 

契約機は土日でも営業をしているため、週末においてもプロミスなら申し込み当日の最短即日融資で借りられるのも強みです。平日だけに限らず土曜日や日曜日でもお金をすぐに用意できるので、急な出費が週末にあるといった予定が入ってしまった場合でも、プロミスなら間に合わせることができます。

 

当日中に借りる方法としては何も契約機での手続きに限らず、銀行振り込みであっても実際には対応が可能です。ただ、銀行振り込みで当日中に借りるためには曜日が平日に限られること、14時までのWeb契約と振り込み手続きの完了が必要になることなど、条件がどうしても厳しくなるのが欠点です。

 

時間を1秒でも過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまうので、急ぎでとにかく早くに借りたい場合なら22時まで営業をしているところも多い契約機での手続きとしたほうが、プロミスでの借り入れをしっかりと利用ができる可能性が高まります。

 

契約機を利用することで周りにプロミスの利用がバレてしまうのではないかと心配、不安に思う場合も安心です。プロミスの契約コーナーは外部からは中の様子が見えないようになっているため、プライバシーはしっかりと守られます。

続きを読む≫ 2017/09/28 15:45:28

銀行振り込みでの借り入れは来店不要での手続きが可能となるために便利ですが、ネックとなるのは対応が可能となる曜日や時間が限られることです。プロミスにおいても平日14時までのWeb契約完了、振り込み手続きの完了が当日中の振り込み融資の条件となるため、時間を過ぎてしまうとその日のうちに借りられなくなってしまいます。

 

他の消費者金融で見ても同様で、アコムにしても金融機関よって異なりますが14時や14時半までの手続きが必要で、モビットにおいても14:50までの振り込み手続き完了が即日振り込みの条件となります。

 

平日に限られてしまうのも大きな欠点で、週末にお金が必要となった場合、祝日に急な出費があった場合には振り込みでは借りられず、翌営業日の扱いとなるために借り入れがずれ込むこととなってしまいます。

 

しかしプロミスでは通常の振り込み融資とは異なる手続きとなる「瞬フリ」を利用することで、14時以降であっても土日祝日であっても、当日中の最短10秒での振り込みを可能としています。瞬フリの利用のためには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要となりますが、契約後に登録をしておくことで曜日や時間を問わない早い借り入れが可能となります。

続きを読む≫ 2017/09/28 15:45:28

プロミスは消費者金融の中でもサービスに優れているために頼れる借り入れ先となりますが、審査基準や好み等の関係でプロミス以外での借り入れを考えたいとなった場合には、同じく大手となるアコムを見ておくと良いでしょう。

 

アコムもプロミス同様に申し込み当日の最短即日融資に対応をしており、急な出費時にも頼れる消費者金融として有名です。振り込みでの対応時間も金融機関によっては非常に長く、楽天銀行宛の振り込みならほぼ24時間振り込みが行えるためにすぐ借りたいときも便利です。

 

振り込み以外でも無人契約機むじんくんを使う手続きで平日の振り込み時間外のカード発行、土日祝日の手続きも行えるため、アコムなら必要なときに素早く希望通りの借り入れが利用できる可能性が高いのです。

 

無人契約機むじんくんでの手続きは特に良いもので、その場でカードが受け取れることで郵送物なく契約が行えます。夕方や夜でも手続きが可能で、すぐお金が必要でもhttp://xn--n8jp5090czncz47c.net/fukushima/fukushima.htmlの契約機情報を見ても分かるように、広い地域で手続きが進められるために頼れます。

続きを読む≫ 2017/09/28 15:45:28

お金は借りたいけど借りた後の返済が心配と考える方は、消費者金融ではなく銀行のカードローン利用を検討してみると良いでしょう。銀行カードローンは消費者金融のような手軽さや早さはありませんが、その代わりに金利条件に優れているので、返済時の負担が減らせるようになっています。

 

上限金利だけで見るとプロミスと変わらない条件となるオリックス銀行カードローンも、限度額によって金利が細かく決められているため、大きな金額で借りる契約となれば金利は低くなります。

 

例えば100万円を超えるような契約となった場合で比べてみると、消費者金融のプロミスやアコムでは15.0%の金利での借り入れとなる場合が多いのに対し、オリックス銀行カードローンは金額次第では一桁台の金利で借りられるようになります。

 

少額の借り入れとなるとそもそもが返済負担が大きくならないため、返済をしっかりと考えて借りるのはある程度のまとまった金額を借りる場合です。まとまった金額を借りるなら限度額によって金利が低くなるオリックス銀行カードローンが優れているため、返済を優先して借り入れ先を考えるなら、消費者金融ではなくオリックス銀行カードローンなのです。

続きを読む≫ 2017/09/28 15:45:28

プロミスは初回契約時の金利が上限の17.8%となる場合が多いため、どうしても返済時の利息負担が大きくなりがちです。返済が長期に渡ってしまうと特に負担が大きくなってしまうことから、なるべくならプロミスでの借り入れは少額の短期間に抑えておきたいものです。

 

少しの金額を借りるなら金利が多少は高くなっても、返済時の利息金額自体もそこまで大きくはなりません。利息が大きくなければ返済の負担自体も重くはならないので、プロミスの上限金利である17.8%だとしても余裕のある返済が可能となります。

 

さらにプロミスには初回契約時に30日間の無利息期間がついてくるため、利息負担が減らせるようにもなっています。メールアドレスの登録と契約後の明細をWeb上で確認ができる無料サービスに登録をすると、初めての借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

 

無利息となれば低金利の銀行カードローンよりも返済時の負担は軽くなり、30日間も無利息となると金利に換算をした際には大きなパーセンテージともなります。返済負担を軽くして借りたいとなると銀行カードローンと短縮的に考えてしまいがちですが、プロミスのような無利息期間がある借り入れ先なら、金利が高いとしても実際の返済負担は軽くできるのです。
参考情報:http://www.saitan-cashing.com/hensai.html(プロミスの返済と利息に関するページ)

続きを読む≫ 2017/09/28 15:45:28